海を渡ってきたコンキスタドール(征服者)はインカを滅亡させた。インカ帝国の皇帝アタワルパを言葉巧みに騙したのちに処刑してエル・ドラード(黄金の都)クスコを占領し、略奪の限りを尽くした。そのコンキスタドールこそ、スペインの英雄フランシスコ・ピサロだ。リマ歴史地区には、コロニア時代の莫大な富を物語るような建築が多く残されている。それらはインカ文明を破壊し、スペインの様式・文化を移植した様子を今日に伝える。この街の中心にあるカテドラル(大聖堂)にはピサロの棺が安置されている。終には仲間に暗殺されたコンキスタドール、棺には刀傷の残る骨が納められている。

ペルーの首都リマから約400キロメートル南へ行ったところにパンパと呼ばれる広大な平原が広がる。そのパンパをキャンバスに地上絵は描かれている。およそ450平方キロメートルにおよぶとてつもなく巨大なキャンパスだ。ハチドリを代表に、猿、犬、コンドル、蜘蛛、鯨、首なし人間、宇宙人、そして何を表現したのかわからない巨大な渦巻、無数の直線、幾何学図形などが、数百メートル、数キロメートルにも広がっている。この壮大なスケールの地上絵を古代ナスカの人々は何のために描いたのか?天空の神々に祈りを捧げる祭儀だったのか?雨乞いの儀式?天体図?宇宙船の滑走路?そもそも、天空に目がないのにどうやって一筆書きの絵を描くことができたのか?
鳥人の存在?宇宙人との共同作業だったのでは?考古学最大の謎はますます深まるばかりだ。

1911年にアメリカの歴史学者ハイラム・ビンガムによって発見された時、その遺跡は草に埋もれた廃墟であったという。
繁栄を極めたインカ帝国が滅亡してから400年近くの月日が流れていた。インカの人々は高度な文明を築きながら、その最後まで文字をもたなかった。そのため、アンデス山中奥深く世界と隔絶するために築かれたようなこの都市の存在理由を後世に伝える記録はない。真実は今なお深い霧雲に隠されたままだ。

街の中に多く見られるスペイン風の建物。これらはインカ時代の建物を土台としている。このようなインカとスペインの複合構造をもつ建造物の多さがクスコの最大の特徴だ。地震の多いこの地でスペイン風建造物は何度も崩壊してきたがインカの壁はほとんど崩れたことがない。カミソリの刃一枚通さないというインカの精巧な石組み技術は現在もまだこの街で息づいているのだ。
今世紀に入ってサント・ドミンゴ聖堂の一部として使われていたインカの神殿跡がインカ時代の姿に復元された。コンキスタドール(征服者)の記録によれば、神殿は太陽像などの黄金で埋め尽くされていたという。黄金は全てスペインへ持ち去られ、石積みだけがこの地に残った。

【日本語プライベートガイドと巡るから安心】
世界遺産 リマ・ナスカ・マチュピチュ・クスコのミステリー探求の旅 大人の南米ペルー7日間モデルツアー
≪リマ空港発着/2名様プラン≫

料金 時期により変動いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
※名古屋発着にも変更可能です。格安航空券も合わせてご手配いたします。
最少催行人員 2名
日本語係員/ガイド リマ-クスコ間の国内線飛行機およびナスカのセスナ遊覧以外の全行程同行
料金に含まれる食事

朝6、昼1、夕1
※基本的に昼と夕の食事代は現地清算になります。
※機内食は食事の回数に含まれていません。

ホテル
  • リマ-エステラール・ミラフローレス(5星クラス)
  • マチュピチュ村-アンディーナ・ラグジャリー(3星クラス)
  • クスコ-ミドリ(3星クラス)
部屋タイプ ツインまたはダブルルーム
※シングル―ルームご利用の場合は追加料金が必要です。
航空運賃 日本からリマ往復およびリマ-クスコ間の航空運賃は料金に含まれておりません。
※各航空券の運賃および手配についてはお問い合わせください。
追加料金が必要な期間 12/24~1/1
高山病対策 ガイドは常にマテ茶や酸素吸入器等を携帯しています。
備考 提示料金は最少催行人員を基準としておりますので、参加人数が増えた場合は割安になります。

日程表

日数 都市 時間 交通手段 スケジュール
1 リマ 夜/深夜 専用車両 リマ・ホルヘチャベス空港にて日本語係員がお出迎えし、ホテルへ。

エステラール・ミラフローレス(5星クラス)または同等クラスホテル泊
2 リマ 午前   ゆっくり休んでロングフライトの疲れを癒してください。
ホテルレストランでの朝食サービスがご利用いただけます。
午後 専用車両 ご宿泊ホテルへ日本語ガイドがお出迎えし、リマ市内観光へ。
国立考古人類学歴史博物館とラファエル・ラルコ・エレーナ博物館をゆっくり見学します。
  地元レストランでの夕食 ※お客様と相談してガイドがご案内します。終了後、ホテルへ送迎。

朝食(ホテル)/ 昼食、夕食は日本語ガイドと相談、現地払い
エステラール・ミラフローレス(5星クラス)または同等クラスホテル泊
3 リマ 早朝   ホテルでの朝食後、ご宿泊ホテルへ日本語ガイドがお出迎えにあがります。
イカ 午前 専用車両 イカまで専用車で移動(約4時間)
ナスカ セスナ イカ空港よりセスナに搭乗し、上空よりナスカの地上絵を見学します(約90分)
※日本語ガイドはセスナには搭乗せず空港で待機します。
イカ 専用車両 イカのレストランにて昼食。※お客さまと相談してガイドがご案内します。
午後   昼食後、ワカチナ湖(オアシス)へご案内。
リマ   ワカチナ湖観光後、リマへ向け出発。リマのホテル到着は21時を予定しています。
夕食についてはガイドとご相談ください。

朝食(ホテル)/ 昼食、夕食は日本語ガイドと相談、現地払い
エステラール・ミラフローレス(5星クラス)または同等クラスホテル泊
4 リマ 午前 専用車両 ホテルでの朝食後、日本語係員と空港へ。
リマ
クスコ
9:00(目安)
10:00(目安)
国内線 リマ(ホルヘ・チャベス空港)発   ※日本語係員は搭乗しません。
クスコ着
クスコ   専用車両 空港にて日本語ガイドがお出迎えし、オリャンタイタンポへ移動(約1時間30分)
オリャンタイタンポ
マチュピチュ村
13:27
14:49
列車 ビスタドーム号でマチュピチュ村へ向かいます(1時間35分)
途中、車内で軽食とドリンクが提供されます。
マチュピチュ村 夕方 徒歩 マチュピチュ村のホテルへチェックイン。日本人が初代村長のマチュピチュ村を散策。
  地元レストランで夕食。※お客様と相談してガイドがご案内します。

朝食(ホテル)/軽食(列車内)/夕食は日本語ガイドと相談、現地払い
アンディーナラグジュアリー(3星クラス)または同等クラスホテル泊
5 マチュピチュ村 混載バス ホテルでの朝食後、日本語ガイドとバスでマチュピチュ遺跡へ(約25分)
マチュピチュ村     遺跡到着後、午後のバス下り最終便近くまで遺跡を観光。
遺跡入り口にあるホテル・サンクチュアリーロッジで昼食(ツアー料金に含まれています)。
マチュピチュ村 夕方   夕方、マチュピチュ駅へ
マチュピチュ村
ボロイ
17:50
21:26
列車 豪華列車ハイラム・ビンガムでクスコへ(3時間36分)
列車内でカクテルディナー(ツアー料金に含まれています)。
クスコ 専用車両 ボロイ駅到着後、ホテルへ送迎

朝食(ホテル)/昼食(サンクチュアリーロッジ)/夕食(列車内)
ミドリ(3星クラス)または同等クラスホテル泊
6 クスコ 終日 徒歩 ホテルでの朝食後、日本語ガイドとクスコ散策へ。
アルマス広場を起点として、カテドラルや博物館を巡ります。
昼食は地元レストランで。※お客様と相談してガイドがご案内します。
夕方 専用車両 夕方、空港へ
18:00(目安)
19:30(目安)
国内線 クスコ発  ※日本語ガイドは搭乗しません。
リマ(ホルヘ・チャベス空港)着
リマ 専用車両 リマ・ホルヘチャベス空港にて日本語係員がお出迎えし、ホテルへ。

朝食(ホテル)/昼食、夕食は日本語ガイドと相談、現地払い
エステラール・ミラフローレス(5星クラス)または同等クラスホテル泊
7 リマ 終日 専用車両 ホテルでの朝食後、日本語ガイドとリマ市内観光へ
天野博物館など市内の見どころを巡ります。昼食は地元レストランで。※お客様と相談してガイドがご案内します。
夕方、一旦ホテルへ戻り、部屋でお休みいただきます。
専用車両 午後9時頃、ホテルをチェックアウト(レイトチェックアウト)して日本語係員と空港へ。
ツアー終了

食事:朝食(ホテル)/昼食、夕食は日本語ガイドと相談、現地払い
※記載した時間は目安を含めすべて現地時間です。

フォトギャラリー

無料旅行相談はこちら

このプランはあくまでもお客様にご参考にしていただくためのモデルツアーおよびその料金です。ご要望やご予算に適ったスケジュールやプランを当社で組ませていただきますので、お気軽にご相談ください。



お問い合わせフォームへ >>